読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先天性『時効の無い』病。 by 樫村曉

【アスペルガー症候群】と診断された僕の、体験談や日々思うこと。

連想ゲーム

フラッシュバックというか追体験というか‥‥今日はこれがしんどいのでその話題を。
PTSDのフラッシュバックとはまた違うのですが、『嫌なことを再び体験しているように感じる』わけです。
これが真面目にきつい。
漢方薬である程度までは抑えられるのですが、なんのきっかけも前触れも無しにどーん!と来たり。
(さっきも晩ごはんのしょうが焼き美味しいなーって食べてた瞬間に来たわけで)
どんな時にフラッシュバックが起こったか関連を書き留めておけとも提案されたのですが、前述の通り一貫性がほぼ無いので、もう本当にカオスというか‥‥。
他には、全く関係の無いものを見たり聞いたりした時に、まるで連想ゲームのように記憶がバタバタバタッと繋がってつらいことを思い出したり。
まるでドミノ倒しみたいに。
なので、僕はこの自分のフラッシュバックのことを総称して【連想ゲーム】と呼んでいます。
『また連想ゲーム始まったよ、きついなー』と。
今も意識して連想ゲームが起こらないように頑張っているので疲れるんですよね。
なので今回はこの辺でー。
もう少し詳しく書きたいので、調子がいい時に考察していきたいと思っています。

広告を非表示にする